院長挨拶|京都市下京区 JR西大路駅 内科・消化器内科・内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)・在宅診療 とみえクリニック

院長挨拶

院長挨拶

とみえクリニック 院長・医学博士 冨江 晃

より深く、より近くで
患者さんと関わり、
長きにわたって寄り添っていきたい。

院長・医学博士 冨江 晃

とみえクリニック院長の冨江晃(とみえあきら)です。

これまで消化器内科を中心に総合内科専門医として、京都の大学病院や総合病院などで勤務し、多くの貴重な臨床経験を積んできました。医局人事の兼ね合いもあり、いずれの病院も2~3年周期の異動を繰り返してきました。数多くの医療機関での勤務経験というのは、医師として必要な幅広い知識を得ること、対応力を養うことなどにおいて重要ですし、実際、非常に有意義な期間であったと確信しています。

しかし、病院を異動する際、患者さんから「今後は先生にずっと診てもらおうと思っていたのに。」や「先生が異動する病院に通院したい。」などのお言葉を頂く機会がありました。そうしたお言葉を頂くと、少なからず患者さんに貢献できていたことを実感し、非常に有難く感じるとともに、今後その思いに応えられない悔しさを感じてきました。そして、私が医師を志した理由の一つである『人の役に立ちたい』という信念が、脳裏に浮かぶのです。さらに、『より深く、より近くで患者さんと関わり、長きにわたって患者さんに寄り添っていきたい。』という私の思いが、日に日に大きくなりました。

私が生まれ育った地元である京都で開業し、今後長きにわたってこの地域の方々に医療という形で貢献していきたいと考えます。
地域医療を提供できる医療機関として、これまでの経験をもとに腹部超音波検査や胃カメラ、大腸カメラ、大腸ポリープ切除などの施行を含めた消化器疾患全般への対応はもちろん、風邪などの急性期疾患、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病をはじめとする一般内科疾患に対応させて頂きます。

また、健康な時から健康診断を通しての疾病予防や予防接種も行います。地域住民の方々を対象とした講演会などを介して、健康増進活動も行えればと考えています。開業後の長期的な目標としては、『より深く、より近くで患者さんと関わり、長きにわたって患者さんに寄り添っていきたい。』という私の思いから、在宅医療にも尽力していきます。

まだまだ若輩者でありますが、体力面には自信がありますし、多くの医療機関で学んだ正確な最新の知識をもって医療を提供し、
この地域に根差した存在となることが私の目標です。お気軽にご来院、お問い合わせください。

院長プロフィール

経歴

京都府立医科大学大学院修了
平成18年 京都府立医科大学病院勤務
平成19年 京都第一赤十字病院勤務
平成26年 朝日大学歯学部付属村上記念病院
(現・朝日大学病院)勤務
平成29年 京都山城総合医療センター勤務
平成30年 済生会京都府病院勤務
令和2年 とみえクリニック 開院

資格

  • 医学博士(京都府立医科大学)
  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器病学会近畿支部評議員
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会近畿支部評議員
  • 日本食道学会食道科認定医・選挙評議員
  • 緩和ケア研修会修了